メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人言ながさき

手探り伸び伸び放牧豚 味菜自然村代表・林拓生さん(39) /長崎

林拓生さん

 <人言(ひとこと)ながさき>

 佐世保市江迎町の山あいにある「味(あじ)菜(さい)自然村」は、ストレスをためないよう豚を放牧し、残飯を発酵させた餌を与える独自の飼育に取り組んでいる。繊細な肉質、あさっりとした脂身は食通をうならせる逸品で、放牧豚の評判は徐々に広まりつつある。味菜自然村代表、林拓生さん(39)にこだわりの放牧豚について語ってもらった。【聞き手・綿貫洋】

この記事は有料記事です。

残り1177文字(全文1361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  3. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  4. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです