メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

日本初のカラー長編アニメ映画…

[PR]

 日本初のカラー長編アニメ映画「白蛇伝」が公開されて今年で62年になる。米ディズニーの「白雪姫」を見た東映の大川博社長が「東洋のディズニー」を目指して製作したという。公開日の10月22日は後に「アニメの日」となった▲今や日本を代表するサブカルチャーに成長したアニメである。海外での人気も高い。「京都アニメーション」への放火事件では、世界中のファンから哀悼メッセージが届いた▲そんな日本アニメを見て育った姉妹がイラクにいる。治安が悪化したバグダッドを6年前に離れ、北部クルド自治区で暮らすサハルさん(26)とファラハさん(22)だ。銃声が絶えない首都では自室に閉じこもり、想像の世界に身を投じた▲「アニメが希望を与えてくれた」「外で起きていることを忘れさせてくれた」。そう語る姉妹と知り合ったジャーナリストの伊藤めぐみさん(35)が短編映画「イラクのアニメ姉妹」を撮影。今秋、赤十字国際委員会が国際映画祭とコラボした企画「戦争と生きる力」でオンライン上映された▲アニメには癒やす力がある――と注目しているのはイタリア人医師のパントー・フランチェスコさんだ。ひきこもりのアニメ療法の研究に日本で取り組み、「主人公が成長する作品で効果が大きいのでは」と語る▲各地の紛争地ではコロナ禍が住民の窮状に追い打ちをかけている。「姉妹がアニメに救いを求めざるを得なかった現実を伝え続けたい」と伊藤さん。感染だけでなく、対立の収束も願わずにいられない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです