メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、靖国に真榊奉納 例大祭中の参拝見送り

靖国神社の秋季例大祭に合わせて菅首相が奉納した真榊=東京都千代田区で2020年10月17日午前9時10分、西夏生撮影

 菅義偉首相は17日、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 菅義偉」名で「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納した。18日までの例大祭中の参拝は見送る。関係者によると、菅首相は官房長官当時には真榊を奉納していなかったが、例大祭で真榊を奉納してきた安倍晋三前首相の対応に倣い奉納することにしたという。

 大島理森衆院議長、田村憲久厚生労働相、井上信治万博担当相も真榊を奉納した。17日は菅内閣の閣僚による参拝は確認されなかった。国会議員では、自民党の衛藤晟一前沖縄・北方担当相が参拝した。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです