メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

彼女の人生について

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 孤立死の現場に入る時は緊張する。何度経験しても慣れることはない。現場の凄惨(せいさん)さもさることながら、亡くなったその人の人生に触れる心持

ちになるから。

 その日、首都圏では抜けるような秋空が広がっていた。感染症予防のキャップとマスク、ビニール雨具をつけて、福祉の職員と一軒家に入る。玄関先にまず、ちゃぶ台が持ち出されていた。食べかけのレトルトのお米が茶わんと皿に半分ずつ残っている。急須とコーヒーカップ。端のほうにお菓子の袋もあった。

 60代後半の女性は、入ってすぐの6畳間にあったちゃぶ台付近で亡くなっていたという。黒いシミが畳に広がり、髪の毛も大量に残っていた。夏の盛りに発見され、40日以上たっていた。それでも、マスクを通してあの何ともいえない臭いがした。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです