メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NZ労働党が第1党 アーダン政権2期目へ 総選挙

総選挙で勝利し、演説するニュージーランドのアーダン首相=北部オークランドで17日、AP

 ニュージーランド国会(1院制、基本定数120)の総選挙が17日投開票され、アーダン首相(40)が率いる与党・労働党が第1党となり、2期目の政権を維持することになった。新型コロナウイルス対策でリーダーシップを発揮したアーダン政権が評価され、労働党は目標としていた単独過半数の獲得を決めた。

 選挙管理委員会の暫定集計(開票率100%)に基づく予想獲得議席数は、労働党が64、最大野党の国民党は35、緑の党10、ACT党10、先住民マオリのマオリ党1。アーダン氏は17日に勝利宣言し、「全国民のための党になると約束する」と述べた。

 新政権は新型コロナで打撃を受けた経済の立て直しが最大の課題となる。労働党はインフラ投資による雇用創出を打ち出し、高所得層の増税を公約に掲げてきた。アーダン政権は既に雇用維持のため企業への賃金補助などを行ってきたが、経済の回復には時間がかかるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです