メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ユーグレナ 食用から燃料まで

ミドリムシ=ユーグレナ提供

 微細藻類「ミドリムシ」を原料とする健康食品の製造販売を手がける「ユーグレナ」。東京大で農業経営を学んでいた出雲充社長が2005年、25歳の時にミドリムシを研究する会社として友人ら2人と設立した。社名はミドリムシの学名「ユーグレナ」から取った。

 出雲さんは貧困層に低利で融資するバングラデシュのグラミン銀行で夏休みにインターンとして働いた際、貧困や栄養失調で多くの人が苦しむ現実を目の当たりにした。帰国後、世界の食糧問題の解決に向け、光合成で多くの栄養素を生み出すミドリムシを食用生産するための研究に着手。会社設立…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです