メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ユーグレナ 食用から燃料まで

ミドリムシ=ユーグレナ提供

 微細藻類「ミドリムシ」を原料とする健康食品の製造販売を手がける「ユーグレナ」。東京大で農業経営を学んでいた出雲充社長が2005年、25歳の時にミドリムシを研究する会社として友人ら2人と設立した。社名はミドリムシの学名「ユーグレナ」から取った。

 出雲さんは貧困層に低利で融資するバングラデシュのグラミン銀行で夏休みにインターンとして働いた際、貧困や栄養失調で多くの人が苦しむ現実を目の当たりにした。帰国後、世界の食糧問題の解決に向け、光合成で多くの栄養素を生み出すミドリムシを食用生産するための研究に着手。会社設立…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです