メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済比べてわかる

コロナ「ゼロ」で安心 自然求め島内旅行好調 台湾

台湾東部・緑島は熱帯に属し、10月初旬でもマリンレジャーを楽しむ観光客であふれていた=2020年10月2日午後0時33分、福岡静哉撮影

 半年にわたり新型コロナウイルスの市中感染「ゼロ」が続く台湾。コロナ禍の水際対策で海外渡航が難しいため、「台湾島内旅行」ブームが到来している。6月からイベントなどの規制が徐々に緩和され、7月に観光振興策が始まったことがブームを後押しした。旅行客は「コロナ感染の心配なく、安心して旅行できる」と喜び、地方にとっては都市部の観光客を呼び込むチャンスにもなっている。

 4連休初日の1日早朝、台北駅には新幹線の指定席を買い損ねた人が行列を作っていた。朱栄茂さん(68)は「毎年2度の日本旅行が楽しみだったが今は行けない。そこで(台湾中部の)阿里山に行くことにした。自由席に座りたい」と必死だ。遠出を控えてきた市民の間では、鬱憤晴らしの意味から「リベンジ(仕返し)旅行」という言葉が流行している。

この記事は有料記事です。

残り1343文字(全文1686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです