メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

箱根駅伝予選会 中央学院大、箱根逃す

順大・三浦龍司=東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地内で2020年10月17日(代表撮影)

 第97回東京箱根間往復大学駅伝(来年1月2、3日)の予選会が17日、東京都の陸上自衛隊立川駐屯地内を周回するハーフマラソンのコースに関東の46校が参加して行われ、1位の順大など上位10校が本戦の出場権を獲得した。前回大会で26年ぶりの出場を果たした筑波大は、18秒差の11位で落選。12位の中央学院大は連続出場が18で途切れた。

 順大は10年連続62回目の出場。1年生の三浦龍司が日本選手トップの好走を見せた。2位以下は、中大、城西大、神奈川大、国士舘大、日体大、山梨学院大、法大、拓大、専大までが本戦に進んだ。

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです