「米版はやぶさ」小惑星に着陸へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 “米国版はやぶさ”と呼ばれる米航空宇宙局(NASA)の探査機オシリス・レックスが20日午後(日本時間21日午前)、地球や火星の軌道の近くを回る小惑星ベンヌに着陸して岩石を採取する。日本の「はやぶさ」「はやぶさ2」に続いて、米国が小惑星の岩石採取に初挑戦する。地球帰還は2023年9月の予定。

 小惑星の岩石には、太陽系や生命の起源を…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文390文字)

あわせて読みたい

注目の特集