メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海大野球部、寮で大麻 使用認める 無期限停止 神奈川

 東海大は17日、硬式野球部の寮内で、複数の部員が大麻とみられる薬物を使用したとして、同部を無期限の活動停止にしたと発表した。神奈川県平塚市の湘南キャンパスで同日、記者会見した山田清志学長は「信頼を裏切り、心よりおわび申し上げる」と謝罪した。神奈川県警は既に部員の事情聴取を行い、16日に野球部寮を家宅捜索した。

 会見によると、大学側に9日、「野球部員が大麻を使用している疑いがある」と電話で通報があった。大学は県警に相談するとともに、学内調査を開始。16日に一部の部員が「興味本位で大麻を使った」と認めたという。伊藤栄治・野球部長は該当する部員らに不審な様子はなく、「ごく普通の選手たちだった」と話した。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1015文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  2. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  3. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです