メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・心のサプリ

居場所をなくす喪失感=海原純子

 10年以上前、都内のジャズクラブでピアノをひいていた青年がいた。当時人気の「ハリー・ポッター」の映画の主人公にそっくりでポッター君などと、みなが呼んでいた。

 明るく爽やかな好青年で、演奏に才能があふれていて、いつか一緒にセッションをしたいなあ、などと思っていたらニューヨークに行ってしまい、本場ですばらしい活躍をするようになった。2016年から現代音楽界を支える多くのミュージシャンを世界に送り出している名門ロイ・ハーグローブ・クインテットで日本人初のレギュラーメンバーとして2年間、世界各地を回るツアーをしていた。時々、ネットや雑誌で見かける彼は、もう「ポッター君」ではなく、しっかりと自立した大人なのだった。

 新型コロナウイルス感染拡大の為(ため)ライブができなくなっても配信に力を入れたりして活動を続けていたり冷静なメッセージをSNSで発信し続けていることも見聞きしていた。

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです