首相、初外遊に出発 ベトナム、インドネシアへ 「地域の平和と繁栄のため貢献」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ベトナムとインドネシアを訪問するため政府専用機で羽田空港を出発する菅義偉首相(左)と妻真理子氏=2020年10月18日午後2時17分、喜屋武真之介撮影
ベトナムとインドネシアを訪問するため政府専用機で羽田空港を出発する菅義偉首相(左)と妻真理子氏=2020年10月18日午後2時17分、喜屋武真之介撮影

 菅義偉首相は18日、ベトナムとインドネシアを訪問するため、政府専用機で羽田空港を出発した。首相就任後初の外国訪問で、両国首脳と会談し、法の支配に基づき自由貿易を推進する「自由で開かれたインド太平洋」構想への協力を呼びかけ、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国との連携を深めたい考えだ。

 首相は出発前、羽田空港で記者団に「ASEANは日本が推進している自由で開かれたインド太平洋の実現に極めて重要なパートナーだ。地域の平和と繁栄のた…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

あわせて読みたい

注目の特集