フランスのテロ容疑者が犯行声明 被害者の頭部写真を投稿「犬を殺した」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 パリ近郊コンフランサントノリーヌの路上で16日、地元中学校の男性教員が首を刃物で切断され死亡したテロで、捜査を指揮する対テロ検察幹部は17日、記者会見し、容疑者の男=警官が射殺=が被害者の頭部の写真を事件後、犯行声明とみられる文章と共にツイッターに投稿していたと明らかにした。

 発表や報道によると、投稿では「異教徒の…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文279文字)

あわせて読みたい

注目の特集