メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なぜ米国への不法越境者が再増加したのか ベネズエラは人口の6分の1が他国へ

ホンジュラスからグアテマラまで徒歩でたどり着いた越境者グループの少年。メキシコと米国の国境を目指しているという=グアテマラのモラレスで2020年10月1日、AP

 新型コロナウイルスによる不況で、生活困窮に拍車がかかった中南米の貧困層が、他国へ不法越境する動きが秋以降、顕著になっている。人々の「流入先」となる米国やコロンビアは警戒を強めている。

 「メキシコなどからの不法移民の流入は、今後、さらにひどくなる可能性が高い」。米税関・国境警備局(CBP)幹部のマーク・モーガン氏は14日の記者会見で危機感を隠さなかった。

 11月に大統領選を控えるトランプ米政権は3月末から国境の取り締まりと、不法移民の母国送還を強化。難民認定申請の受け付けも停止している。にもかかわらず、メキシコとの国境に近い米南西部で9月に拘束した不法移民の数が、取り締まり強化に先立つ1~3月の1・5倍にあたる5万7674人に達したからだ。2020米会計年度(19年10月…

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1270文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです