メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

移動自粛なのに国王はギリシャの別荘に 批判受け休暇中断し帰国 オランダ

オランダのウィレム・アレクサンダー国王夫妻=2019年10月

[PR]

 新型コロナの感染防止対策で国民に移動の自粛を求めているオランダで、ウィレム・アレクサンダー国王夫妻が休暇でギリシャの別荘に出かけたことが国民の批判を浴び、夫妻は現地到着翌日の17日、休暇を中断し帰国した。欧州メディアが伝えた。

 国王夫妻は中断の理由について声明で「メディアで人々の反応を目にした。それには力があり、心に響いた」と説明。その上で「新型コロナ封じ込めの指針に従う必要性に疑義を生じさせることは望まない」とした。

 オランダは14日夜から飲食店の営業停止などの措置を実施。国王夫妻はその直後の16日に政府専用機でギリシャへ向かった。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです