メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氷に抱きつくしぐさで人気 ホッキョクグマ「カナ」大往生 推定30歳 鹿児島

生前のカナ=平川動物公園提供

[PR]

 鹿児島市の平川動物公園で飼育されていたホッキョクグマの「カナ」が死んだ。メスで、推定年齢は30歳。ホッキョクグマの寿命は25~30年といわれており、死因は老衰とみられる。

 カナはカナダで保護され、1991年に動物商を通じて平川動物公園へ。夏場にプレゼントされる氷に喜んで抱きつく仕草が人気だった。2015年にオスの「ホクト」が死んでからは園内で1頭だけの状態だった。体調に特に異常はなかったが、13日朝に死んでいるのが見つかった。

 平川動物公園などによると、ホッキョクグマは熊本市動植物園の「マルル」(メス、7歳)をはじめ、国内20の動物園などで飼育されている。【西貴晴】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです