山モミジと空の青 まさに「虹色のトンネル」 北海道・中札内

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
コケむす石畳の両脇に色とりどりの木々が並ぶ「山もみじのトンネル」=北海道中札内村の中札内美術村で2020年10月13日、貝塚太一撮影
コケむす石畳の両脇に色とりどりの木々が並ぶ「山もみじのトンネル」=北海道中札内村の中札内美術村で2020年10月13日、貝塚太一撮影

 真っ赤な紅葉と、色づき始めた黄色の葉。まだ緑を残す葉もある。そこに晴天の青を加えると、まさに「虹色のトンネル」だ。

 ここは中札内美術村(北海道中札内村)に3年前にできた庭園内にある「山もみじのトンネル」。全長100メートルで、両脇に58本のヤマモミジが植えられ、足元にはコケが生えた石畳が敷かれている。春は新緑、秋が深まると紅葉に…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

注目の特集