特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

マータイさんまいたドングリが宇宙へ 野口さん、被災者メッセージとISSに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小学生とコナラやクヌギの種を植えるワンガリ・マータイさん(中央)=福島市飯坂町で2006年2月14日、町田徳丈撮影
小学生とコナラやクヌギの種を植えるワンガリ・マータイさん(中央)=福島市飯坂町で2006年2月14日、町田徳丈撮影

 環境分野で初めてノーベル平和賞を受賞した元ケニア副環境相、ワンガリ・マータイさん(故人)が福島市で種をまいたドングリの実が2021年春、宇宙を旅することになった。東日本大震災から10年になるのを機に、世界からのさまざまな支援に対し、被災自治体の市民が感謝のメッセージを宇宙から発信する事業の一環。関係者は「改めて宇宙から環境や平和を考える機会にしたい」と期待している。

 事業を企画したのは、茨城県の一般財団法人「ワンアース」(長谷川洋一代表理事)。地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)の日本の実験棟「きぼう」に被災地の写真をちりばめた横断幕を張り出し、被災地から集めた感謝のメッセージを宇宙飛行士に読み上げてもらい、その映像を来年3月11日に公開する。長谷川さんによると、11月以降に米国の新型宇宙船でISSに向かう野口聡一宇宙飛行士が担当する見通しだという。…

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1213文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集