特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

続・沿岸南行記

客と「お互いに情が深まった」 震災もコロナも超えるつながり 心温まる二つの宿 岩手・田野畑

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
本家旅館の庭先から海沿いの一帯を見つめる畠山照子さん。震災当時はがれきだらけだった旅館前は更地になり、道路が整備された=岩手県田野畑村で2020年10月3日午後2時2分、安藤いく子撮影
本家旅館の庭先から海沿いの一帯を見つめる畠山照子さん。震災当時はがれきだらけだった旅館前は更地になり、道路が整備された=岩手県田野畑村で2020年10月3日午後2時2分、安藤いく子撮影

 岩手県普代村でベテラン漁師の船に乗せてもらった10月2日、その足で南隣の田野畑村に入った。目指したのは、東日本大震災から2週間後に先輩記者が取材した二つの旅館だ。どちらの宿でも、当時と変わらぬあるじが迎えてくれた。

 海抜200メートルの断崖絶壁が連なり「日本一の海岸美」をうたう景勝地・北山崎。ここで唯一の旅館「白花(しろばな)しゃくなげ荘」を営む泡渕正(あわぶちただし)さん(69)は「震災を経験して、私もお客さんも人とのつながりを意識するようになったのかな」と、この10年近くを振り返る。

 若い頃、「故郷の絶景を眺められる場所で宿をやりたい」と遠洋漁業船の乗組員として働き、資金をためた。22歳で開業すると、ウニやホタテなど地元の海産物で作る釜飯や、客と夜中まで酒を酌み交わす親しみやすさで評判の旅館になった。

この記事は有料記事です。

残り1327文字(全文1685文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集