メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャズトランペット奏者・近藤等則さん死去 71歳 バンドIMAで人気

近藤等則さん

[PR]

 即興演奏のジャズトランペット奏者として活躍した近藤等則(こんどう・としのり、本名俊則=としのり)さんが17日午後8時45分ごろ、川崎市内で死去した。71歳。愛媛県出身。葬儀は近親者で行う。喪主は長男空太(くうた)氏。

 京都大卒業後に上京し、フリージャズ奏者として活躍。渡米し、著名な音楽家らと共演した。1980年代、自ら率いたバンドIMAで人気を集め、CMにも出演。93年には拠点をアムステルダムに移した。

 大自然の中で即興演奏するプロジェクト「地球を吹く」や、戦争と核兵器の廃絶を訴える「ピカドンプロジェクト」にも取り組んだ。代表作にアルバム「337」など。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  2. 文科省、保護者の確認「ハンコなし」で 家庭への連絡オンライン化促す

  3. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  4. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  5. 「絶対漏らすな」町長は言った 核のごみ処分場 応募し撤回、東洋町の教訓

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです