メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京セラ、1区で選手が倒れて途中棄権 プリンセス駅伝

中継所でたすきをつなぐ選手たち=福岡県福津市で2020年10月18日午後0時44分、金澤稔撮影

[PR]

 第40回全日本実業団対抗女子駅伝(11月22日、宮城県)への出場を争う第6回予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(福岡県宗像市・宗像ユリックス発着)で18日、選手がレース中に倒れて棄権となるアクシデントがあった。

 2区へたすきを渡す第1中継所の約50メートル手前で、京セラの岡田佳子選手が倒れて立ち上がることができず、途中棄権となった。大会関係者によると、脱水症状とみられ、大事を取って病院に搬送された。京セラは5年連続の全日本大会出場を目指していた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです