メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京セラ、1区で選手が倒れて途中棄権 プリンセス駅伝

中継所でたすきをつなぐ選手たち=福岡県福津市で2020年10月18日午後0時44分、金澤稔撮影

[PR]

 第40回全日本実業団対抗女子駅伝(11月22日、宮城県)への出場を争う第6回予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(福岡県宗像市・宗像ユリックス発着)で18日、選手がレース中に倒れて棄権となるアクシデントがあった。

 2区へたすきを渡す第1中継所の約50メートル手前で、京セラの岡田佳子選手が倒れて立ち上がることができず、途中棄権となった。大会関係者によると、脱水症状とみられ、大事を取って病院に搬送された。京セラは5年連続の全日本大会出場を目指していた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 中居正広&劇団ひとり&古市憲寿、絵本プロジェクトが集大成「アニメ化も視野に…」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです