メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

申ジエが逆転で国内25勝目 古江彩佳2打差2位 ゴルフ富士通レディース

最終日、18番でウイニングパットを決め、ガッツポーズの申ジエ。今季初勝利=東急セブンハンドレッド

[PR]

 富士通レディース最終日(18日・千葉県東急セブンハンドレッド=6659ヤード、パー72)32歳の申ジエ(韓国)が2位から4バーディー、1ボギーの69と伸ばし、通算7アンダーの209で今季初勝利を挙げた。日本ツアー会員として23勝、米ツアーを兼ねたものなどを含めると日本で25勝目。賞金1800万円を獲得した。

 昨年大会をアマチュアとして制した古江彩佳が66と伸ばし、ペ・ソンウ(韓国)とともに2打差の2位となった。前日首位の浅井咲希は73で、比嘉真美子、西村優菜、全美貞(韓国)と通算4アンダーで並ぶ4位。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです