メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

積水化学、先行逃げ切り盤石 エース新谷、後続突き放す 選手層厚く プリンセス駅伝

3区で区間記録を1分以上縮める快走を見せた積水化学の新谷仁美=福岡県福津市で2020年10月18日、徳野仁子撮影

[PR]

 新戦力が前評判通りの実力を発揮した積水化学が、1区から一度もトップを譲らない盤石のレースを見せた。

 圧巻だったのは、エース区間の3区(10・7キロ)を担った新谷。2位と10秒差のトップでたすきを受けると、軽快にピッチを刻んで加速。一気に後続を突き放した。周囲の声援を力に変えて「気持ちで走る」タイプの新谷にとって、「沿道の応援がなく、8キロ以降がきつかった」という。それでもテレビ中継越しの応援を想像して走り抜き、従来の記録を1分15秒も更新する区間新記録をマーク。2位との差を約2分に広げ、独走態勢を固めた。

1位でフィニッシュする積水化学のアンカー森智香子=福岡県宗像市で2020年10月18日、金澤稔撮影

 昨年もトップで予選を通過した積水化学には、新谷や昨年の日本選手権で800メートルと1500メートルの2冠を達成したスピードランナーの卜部が加入。卜部は2区で区間3位と好走した。1区で区間賞の佐藤ら生え抜き選手と融合し、選手層は格段に厚みを増した。最終6区を走った森は「チームの目標が高くなって、意識も高まった」と手応えを語る。

 先行逃げ切りの戦略が見事にはまり、「やりたいことができた」と納得顔の野口英盛監督。快走を見せた新谷はまだ練習不足で、全日本大会ではさらなる上積みを見込める。予選会突破からの下克上を期待させる充実ぶりだ。【松本晃】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです