メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上尚弥が米国へ出発 防衛戦へ「仕上がっている状態」

米国に向けて出発する井上尚弥=代表撮影

[PR]

 世界ボクシング協会(WBA)と国際ボクシング連盟(IBF)のバンタム級王者(WBAはスーパー王者)の井上尚弥(大橋)が18日、両団体の王座をかけた防衛戦が行われる米国に向けて出発した。代表取材に応じた井上尚は「コンディションはいつも通り。気持ちの面でも肉体的にも仕上がっている状態」と順調な調整に自信を示した。

米国に向けて出発した井上尚弥(中央)と父の真吾トレーナー(右)、弟拓真=代表撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で試合は31日(日本時間11月1日)に米ネバダ州ラスベガスで無観客で行われ、WBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(オーストラリア)と対戦する。

 井上尚にとっては2019年11月に優勝したワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝以来、約1年ぶりの試合となる。「試合ができていないというストレスや感覚はない。まずは勝ちに徹して、自分がやれる勝ち方、倒し方を出していこうかなと思う」と意気込んだ。【村社拓信】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです