メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名門・第一生命、15位に プリンセス駅伝 全日本連続出場21で途切れる

1位でフィニッシュする積水化学のアンカー森智香子=福岡県宗像市で2020年10月18日、金澤稔撮影

[PR]

 プリンセス駅伝で全日本大会優勝2回の名門、第一生命は15位に終わり、全日本への連続出場回数は21で途切れてしまった。出場圏内の14位(ホクレン)に40秒届かなかった。山下佐知子監督は「これが今の力。驚きはない」と悔しさをかみしめながら話した。

 マラソンで2012年ロンドン五輪代表の尾崎好美、16年リオデジャネイロ五輪代表の田中智美と2大会連続で五輪に選手を送り出すなど世界で戦う選手を育ててきたが、田中の後継となるエースが育っていない。

 リオ五輪長距離代表で中心選手の上原美幸が体調不良で出場できなかったことも大きかった。昨年の予選会でエース区間の3区で6人抜きをした出水田真紀は故障からの復調途上で、3区で区間23位だった。山下監督は「多くの人の力で歴史があり、今はあなたたちが(歴史を)築く番だと話したけど……」と言葉少なだった。【松本晃】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです