メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「守りに入らず攻めの投球」技巧派、広島・中村祐 真骨頂発揮、三塁踏ませず

広島のロゴ

 技巧派の真骨頂を発揮した。広島の中村祐が今季最長の7回を投げ、7安打3四死球を許しながらも三塁を踏ませない粘りの投球。自身3連勝でチームの1分けを挟んだ連敗を3で止め「先制点を与えないように投げていた。低めに丁寧に投げることを心掛けた」と納得顔だった。

 直球は140キロ前後でも、切れのいい球をコー…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです