メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“投壊”巨人、終盤に大量失点 リリーフ強化険しく マジック減っても重い宿題

巨人のロゴ

[PR]

〇DeNA10―6巨人●(18日・横浜)

 DeNAが七、八回に打線がつながり、5点差を逆転勝ちした。

 強力な相手打線のバットから響く快音を止められなかった。巨人は終盤に投手陣が崩れて逆転負け。七、八回の2イニングだけで10安打10失点と打ち込まれた。

 5点リードの七回、畠が先頭からの3連打で1点を返され、なお無死一、三塁という場面で高梨に継投。左腕は登板16試合連続無失点中だったが、代打・伊藤光に適時打を打たれ、続く戸柱には四球とピリッとしない。無死満塁とピンチを広げ、梶谷に低めの速球を右中間席に運ばれた。原監督は「(畠に)1死取ってくれと思っていたが、代え時を我慢できなかった」と振り返った。

 もっとも、より雰囲気が重くなったのは八回だ。5番手の桜井が、テンポよく2死を取ったにもかかわらず、連打で一、二塁とされ、戸柱にカーブを右中間に運ばれて2点適時三塁打。さらに梶谷には内角速球を捉えられて、2打席連続アーチとなる2ランを右翼席にたたき込まれた。

 シーズン終盤に入り中継ぎに故障者が出る中、宮本投手チーフコーチが「いっぱいいっぱいのリリーフ陣を助けてくれれば」とポイントに挙げたのが桜井と田口だった。2投手とも今季は先発として安定した結果を残せずリリーフに回った。

 この日1軍に再昇格した田口は、七回1死一塁で5戦連続本塁打の4番・佐野を一ゴロ併殺打に打ち取ったが、桜井は1回4安打4失点。原監督は「もう少し真っすぐが走らないと。変化球投手では桜井の良さはない」と厳しかった。優勝へのマジックは「7」に減ったものの、後味の悪さが残る「1敗」だった。【角田直哉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  2. 文科省、保護者の確認「ハンコなし」で 家庭への連絡オンライン化促す

  3. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  4. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  5. 「絶対漏らすな」町長は言った 核のごみ処分場 応募し撤回、東洋町の教訓

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです