メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“投壊”巨人、終盤に大量失点 リリーフ強化険しく マジック減っても重い宿題

巨人のロゴ

[PR]

〇DeNA10―6巨人●(18日・横浜)

 DeNAが七、八回に打線がつながり、5点差を逆転勝ちした。

 強力な相手打線のバットから響く快音を止められなかった。巨人は終盤に投手陣が崩れて逆転負け。七、八回の2イニングだけで10安打10失点と打ち込まれた。

 5点リードの七回、畠が先頭からの3連打で1点を返され、なお無死一、三塁という場面で高梨に継投。左腕は登板16試合連続無失点中だったが、代打・伊藤光に適時打を打たれ、続く戸柱には四球とピリッとしない。無死満塁とピンチを広げ、梶谷に低めの速球を右中間席に運ばれた。原監督は「(畠に)1死取ってくれと思っていたが、代え時を我慢できなかった」と振り返った。

 もっとも、より雰囲気が重くなったのは八回だ。5番手の桜井が、テンポよく2死を取ったにもかかわらず、連打で一、二塁とされ、戸柱にカーブを右中間に運ばれて2点適時三塁打。さらに梶谷には内角速球を捉えられて、2打席連続アーチとなる2ランを右翼席にたたき込まれた。

 シーズン終盤に入り中継ぎに故障者が出る中、宮本投手チーフコーチが「いっぱいいっぱいのリリーフ陣を助けてくれれば」とポイントに挙げたのが桜井と田口だった。2投手とも今季は先発として安定した結果を残せずリリーフに回った。

 この日1軍に再昇格した田口は、七回1死一塁で5戦連続本塁打の4番・佐野を一ゴロ併殺打に打ち取ったが、桜井は1回4安打4失点。原監督は「もう少し真っすぐが走らないと。変化球投手では桜井の良さはない」と厳しかった。優勝へのマジックは「7」に減ったものの、後味の悪さが残る「1敗」だった。【角田直哉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです