メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキー連盟・北野会長、理事否決で退任 皆川競技本部長も 「独断的」との批判も

全日本スキー連盟のホームページ

 全日本スキー連盟は18日の評議員会で役員改選を行い、北野貴裕会長(57)の退任が決まった。皆川賢太郎競技本部長(43)とともに理事選出に必要な過半数の賛成を得られず、選任が否決された。その後の臨時理事会で、勝木紀昭副会長が暫定的な新会長に就いた。

 北野氏は運営手法が強引だとして一部で反発を受けていた。2022年北京冬季五輪を約1年4カ月後に控えた時期に、組織と強化のトップが不信任を受ける異例の事態となった。

 評議員会では25人の理事候補のうち、1998年長野五輪ジャンプ団体金メダルの原田雅彦氏(52)が再任されるなど、18人が承認された。しかし「星野リゾート」代表の星野佳路氏(60)ら7人が否決された。定款で理事は20人以上25人以内と定められているため、理事を追加する必要があり、年内に選出を目指す。新体制発足までは北野、皆川両氏ら現行メンバーも執行部に残る。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです