メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パックンのアー・ユー・ア国際人?/115 選挙人制度

え・藤井龍二

[PR]

そうせい不思議ふしぎ けて「つ」ひと

 きみ学校がっこうで、自分じぶんたちが選挙せんきょえらんだ児童会じどうかいちょう生徒会長せいとかいちょうっているかな? いるよね、普通ふつうは。でも、今回こんかい普通ふつうじゃない、アメリカの、ちょっとへん児童じどう会長かいちょう生徒会長せいとかいちょう選挙制度せんきょせいど紹介しょうかいしたい。いや、へん会長かいちょうじゃない。へん選挙せんきょ制度せいどだ。

 わかりやすいたとえで説明せつめいしよう。まず、4~6ねんせいの3がくねんだけが投票とうひょうすることにしよう。人数にんずうは、4ねんせいと5ねんせいは20にんずつ、6ねんせいは30にんいるとする。候補者こうほしゃは「会長かいちょうをやりたい!」とをあげたおんなのCちゃんとおとこのTくんだ。では、選挙せんきょだ。全員ぜんいん体育館たいいくかん集合しゅうごうして、投票とうひょうする!

 さっそく、結果発表けっかはっぴょうよう。4ねんせいは11-9でTくんち! 5ねんせいも11-9でTくんち。そして6ねんせいは20-10でCちゃんのち。いい勝負しょうぶだったね。3がくねんわせると38-32でCちゃんのちだ。おめでとう!

 これが、きみっている選挙せんきょのやりかただろ? 選挙せんきょた「獲得かくとくひょう」の合計ごうけいおお候補こうほ会長かいちょうになる。たりまえだよね。

 でも、ちょっとって。ここは「アメリカがっしゅう小学校しょうがっこう」だった! ここのやりかた独特どくとくなのだ。まず、みんなが体育館たいいくかんあつまるのではなく、それぞれの教室きょうしつ投票とうひょうをする。その、その結果けっかしたがって、それぞれのがくねんから代表だいひょうの「選挙人せんきょにん」が体育館たいいくかんき、もう1かい投票とうひょうする。そして、この2かい投票とうひょう会長かいちょうまる。

 もちろん、がくねんによって人数にんずうちがうから、選挙人せんきょにん人数にんずうわる。学生がくせい10人当にんあたりに選挙人せんきょにんは1ひとりだとしよう。そしたら4ねんせい、5ねんせい選挙人せんきょにんが2ふたりずつ、6ねんせいは3にんいるね。そして、ちょっと不思議ふしぎなことに、このおながくねん選挙人せんきょにんは、全員ぜんいんかならおな候補こうほひょうれるルールになっている。だから、たとえば6ねんせい投票とうひょうで20-10でったCちゃんは、6ねんせい選挙人せんきょにんを3にんとも「そうり」してしまうのだ。これがこのへん選挙せんきょ制度せいど一番いちばんへんなところ。

 そして、それがへん結果けっかをもむのだ!

得票数とくひょうすうおおいのに

 では、1かい投票とうひょうわったところからこう。3がくねん合計ごうけいでCちゃんがっていたよね? でも、体育館たいいくかん選挙せんきょにんがもう1かい投票とうひょうしたらどうなるでしょう? 4ねんせい選挙人せんきょにんふたりがTくんれる。5ねんせい選挙人せんきょにんふたりもTくん投票とうひょう。そして、6ねんせい選挙人せんきょにんにん全員ぜんいんCちゃんにとうじる……。づいた? 結果けっかわっている! 全員ぜんいんでいうと38-32でCちゃんがっていたのに、選挙人せんきょにん投票とうひょうでは4-3でTくんっちゃった!!

 Tくんとその支持者しじしゃおおよろこびだが、それよりもおおいCちゃんの支持者しじしゃちょうがっかり。

 これがいわゆるアメリカの「選挙人せんきょにん制度せいど」。本当ほんとうへんなシステムだろう? でも、アメリカの選挙せんきょ実際じっさいにこのやりかた大統領だいとうりょうめるのだ。それぞれのしゅう人口じんこうわせて選挙人せんきょにんかずことなる。でも、ほとんどのしゅうは、選挙せんきょ過半数かはんすうをとった候補こうほがそのしゅう全員ぜんいん選挙人せんきょにんを「そうり」する。そしてそれがやはり不思議ふしぎ結果けっかにつながることがある。

ねんまえ選挙せんきょでも

 2016ねん大統領選挙だいとうりょうせんきょがその代表だいひょうれいだ。ヒラリー・クリントン候補こうほ(Cちゃん)のほうが、全国ぜんこくでおよそ300まんびょうおお得票とくひょうしたのに、ドナルド・トランプ候補こうほ(Tくん)が選挙人せんきょにん投票とうひょう大統領だいとうりょうになったのだ。これがアメリカばんの「けるがち」なのかな?

 来月らいげつ大統領選挙だいとうりょうせんきょおなじことがきてもおかしくない。つまり、ジョー・バイデン候補こうほ(Bくん)が得票率とくひょうりつちながらも、またTくん大統領だいとうりょうになる。そうなったら、ぼくはそんな不公平ふこうへい選挙せんきょ制度せいどのあるアメリカにみたくないかも。

 そのときは、きみ小学校しょうがっこうんでもいいかな?<え・藤井龍二ふじいりゅうじ


パトリック・ハーランさん[コメディアン]

 1970年生ねんうまれ。アメリカ・コロラド州出身しゅうしゅっしん。ハーバード大学卒業後だいがくそつぎょうご、93ねん来日らいにち。97ねん吉田眞よしだまことさんとおわらいコンビ「パックンマックン」を結成けっせいし、テレビなどで活躍中かつやくちゅう

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  5. 外国人苦学生 「進学のため」働き過ぎで失った在留資格 ベトナム人留学生、日本の生活に疲れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです