メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おとなの週末

創業60年浅草では珍しい女性が営むお寿司屋さん。「光りものと穴子」は看板メニュー!

情報提供:おとなの週末

今年で創業60年。先代が一代で55年提供してきた味を、今は娘が引き継いで江戸前の味を握る。

江戸前 三松(最寄駅:浅草駅)

父親時代からの酢の生きた光りものも見逃せない

握りはやや小さめのシャリに気持ち大ぶりなネタのバランス。今も現役のお母さんが合わせるという酢飯が、いい塩梅でネタを引き立てる。江戸前とともに昔からあるのが大阪寿司で、お土産にもおすすめのバッテラ(鯖寿司)。要予約ながら穴子の押し寿司も人気だ。看板という「光りもの」と「穴子」はもちろん、しじみたっぷりのお椀もうれしい。

特上にぎり(中トロ、イカ、赤身、赤貝、ウニ、玉子、エビ、穴子、梅じそ巻き(お椀付))

3240円 cd64e29555c6290b055e0ae6bb7680a2 握りはシャリとネタのバランスがよく、いい感じで胃袋に収まる

鯖寿司

1940円 0bd2a01878fafaa98304e638b68e2f67 塩気、酢の塩梅、旨み。ガリをのっけて食べても美味しい

小肌、サバ、アジ、イワシ

270円、480円、320円、210円 6a62c6196a09f8a7a2c832815845cf2f 長年使い込まれたまろやかな酢で、さっぱりとした粋な味に仕上げられた光りもの。変わらぬ看板の味

お店からの一言

13ccf746fdd39c0976be79a8b3e7c276 店主 奥隅由規子さん(右)、奥隅美智子さん 「お客さん同士気さくな雰囲気もうちらしさです」

江戸前 三松の店舗情報

9db92a03602e2f166251ed7b1a332e7d [住所]東京都台東区浅草1-6-5 [TEL]03-3841-5717 [営業時間]17時~22時、土・日・祝12時~15時、17時~21時(LOはそれぞれ30分前)※ランチタイム有 [休日]水(祝の場合は営業) [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄銀座線浅草駅1番出口から徒歩5分

電話番号 03-3841-5717
撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎 2018年11月号発売時点の情報です。

関連記事

寿司 髙はし(寿司/駒込)のグルメ記事と写真

すし 松玄(寿司/恵比寿)のグルメ記事と写真。

すし晴海(寿司/銀座)|赤酢と白酢の2種のシャリを使い分ける

鮨處 やまだ(寿司/銀座)|旨みが変化した熟成ネタの奥深さに唸る

寿司孝|秘伝のヅケから大トロの希少部位まで食べ比べ(寿司/門前仲町)


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです