トラック新星、異色の道疾走 陸上部所属せず、同志社大・田中希実

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大学のオンライン授業を受けた直後に臨んだ日本選手権女子1500メートル決勝。圧倒的な強さで優勝した田中希実=新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで2日、久保玲撮影
大学のオンライン授業を受けた直後に臨んだ日本選手権女子1500メートル決勝。圧倒的な強さで優勝した田中希実=新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで2日、久保玲撮影

 陸上の中長距離レースで今夏、10年以上も破られなかった日本記録を次々に塗り替えた選手がいる。同志社大3年の田中希実(のぞみ)(21)=豊田自動織機TC=だ。大学でコーチング論や心身のメカニズムを学び、「哲学」を大切にするアスリートは、実業団や大学の陸上部に所属していない。コーチである父親の指導で成長を遂げた異色ランナーの素顔に迫った。

この記事は有料記事です。

残り1687文字(全文1856文字)

あわせて読みたい

注目の特集