メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
犬が西向きゃ

ジンバブエからの声=高尾具成

 人々を笑わせ、考えさせる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」が9月に発表され、今年も受賞者に10兆ジンバブエドル札が記念品に贈られた。アフリカ南部ジンバブエで発行され、2009年以降使用不可となっている紙幣だ。ユーモアは承知だが、年率2億%超のハイパーインフレを記録した08年、バス運賃も食堂の定番メニューの値段も、朝夕でまるきり違う「日常」を一時とはいえ、体験した身としては複雑な気持ちもある。

 同賞では今年、京都大学霊長類研究所の西村剛准教授らのグループが、ワニにヘリウムガスを吸わせ、鳴き声の変化を調べた研究で「音響賞」を受賞した。爬虫(はちゅう)類が声を出す仕組みについて、ヒトやトリ同様にのどで空気を震わせて発することを解き明かしたのだ。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです