メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二人六脚

保護犬イブと暮らして/6 トラブル 犬に襲われ脇腹に傷 つきっきりで面倒 /栃木

エリザベスカラーを装着したイブ。ストレスで沈んだ表情を見せた=福島県会津若松市で2019年5月、湯浅聖一撮影

 新たな「令和」の時代を迎えた2019年5月。全国各地で祝賀ムードが広がった大型連休の朝の出来事だった。私はいつものようにイブと散歩をしていた。すると、住宅の裏からリードをつけたままの中型犬が「ワン、ワン」とほえながら、猛烈な勢いで襲ってきた。逃げる余裕はなかった。

 私はイブの壁になろうと間に入ったが、相手の犬はしつこく回り込んでイブを攻撃した。すぐに後を追ってきた飼い主が、すったもんだの末に制止したものの、私は足元がよろめいて転び、イブは驚いてしばらく座り込んでしまった。

 後で聞いた話によると、飼い主が裏庭で犬の足を洗っている際に逃げ出したという。きちんとリードを握っていなかったか、柱などにつないでいなかったのだろう。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです