連載

滋賀のワザ

滋賀県内のキラリと光る「技」を紹介します。

連載一覧

滋賀のワザ

/8 淡海酢・福井順一さん(高島市) 添加物使わず伝統製法 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
淡海酢の3代目、福井順一さん=滋賀県高島市勝野で、山中宏之撮影
淡海酢の3代目、福井順一さん=滋賀県高島市勝野で、山中宏之撮影

 丸みと深いコクが特徴の酢「淡海昔(おうみせき)玄米」。高島市勝野の「淡海酢(たんかいす)」が地元の無農薬米と比良山系の湧き水にこだわって造っている。3代目、福井順一さん(71)は「時間をかけてじっくり仕上げている。玄米由来の独特の香りと共に味わってほしい」と語る。【山中宏之】

 福井さんの朝は1杯のドリンクから始まる。淡海昔玄米を大さじ2杯、無塩トマトジュースと水で割る。「健康の秘訣(ひけつ)です」と笑顔を見せる。

 淡海酢のルーツは、江戸時代から高島で酒や酢、しょうゆなどの醸造業と問屋を営んでいた芳野屋一族。その一人、弥蔵が明治末期に分家して酢を専門に製造するようになった。1955年には「淡海酢有限会社」が設立された。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1094文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集