メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀のワザ

/8 淡海酢・福井順一さん(高島市) 添加物使わず伝統製法 /滋賀

淡海酢の3代目、福井順一さん=滋賀県高島市勝野で、山中宏之撮影

 丸みと深いコクが特徴の酢「淡海昔(おうみせき)玄米」。高島市勝野の「淡海酢(たんかいす)」が地元の無農薬米と比良山系の湧き水にこだわって造っている。3代目、福井順一さん(71)は「時間をかけてじっくり仕上げている。玄米由来の独特の香りと共に味わってほしい」と語る。【山中宏之】

 福井さんの朝は1杯のドリンクから始まる。淡海昔玄米を大さじ2杯、無塩トマトジュースと水で割る。「健康の秘訣(ひけつ)です」と笑顔を見せる。

 淡海酢のルーツは、江戸時代から高島で酒や酢、しょうゆなどの醸造業と問屋を営んでいた芳野屋一族。その一人、弥蔵が明治末期に分家して酢を専門に製造するようになった。1955年には「淡海酢有限会社」が設立された。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです