メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背は伸びて、体力伸びず スポーツ庁、60年代と19年度比較

 1964年の東京オリンピックの直後と比べて日本の子どもたちの体は大きくなったものの、それに見合う体力が身についていない――。スポーツ庁が18日に公表した「2019年度体力・運動能力調査」で、こんな事実が明らかになった。専門家は「将来的な健康寿命を考えると体格にふさわしい体力を育むことが望ましい」と指摘している。

 この調査は前回の東京五輪の開催を契機に、国民の体力や運動能力を把握する目的で64年度から始まった。来年に延期となった2度目の東京五輪を前に、スポーツ庁は10代の男女について60年代と19年度の結果を比較し、体格や体力、運動習慣などの変化を調べた。

 身長、体重を64年度と19年度で比較すると、いずれも10代の男女の全年齢で19年度が上回っていた。16歳でみると、男子は身長が5・5センチ以上高くなり、体重は5キロ近く重くなった。女子も身長が4センチ近く伸び、体重は2キロ以上増えている。栄養状態の改善の結果とみられる。

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文1015文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです