メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

2020年大統領選 カギ握る「郵便投票」 開票日混乱、現実味 勝者決まらず?負け認めず?

米大統領選の州別選挙人の割り当て

 11月3日に迫る米大統領選は、選挙結果を巡って相当な混乱に陥るのではないかとの懸念が広がっている。新型コロナウイルスの影響で郵便投票が大幅に増え、開票作業に時間がかかるため、開票日深夜に勝者が決まらない可能性が高い。共和党のドナルド・トランプ大統領(74)が「郵便投票で不正が横行した」と主張し、負けても選挙結果を受け入れない恐れもある。

 11月3日深夜、開票が終わった州の結果を見ると、中西部や南部で共和党が勝利した州が目立つ。民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)が敗北を認めていないのにもかかわらず、トランプ氏が「我々の大勝利だ」と高らかに勝利宣言する――。

この記事は有料記事です。

残り2710文字(全文2997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです