メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露、イラン解除「商機」 武器取引、両国頻繁に接触

 イランとの武器取引を禁じた国連制裁が18日、期限を満了したことを受け、イランは海外から防空システムなどを輸入することが可能となった。最近ロシアはイランと頻繁に接触を重ねており、これを「商機」とみている模様だ。ただ、米国の経済制裁で外貨不足に陥っているイランが、どの程度、兵器を購入できるかは不透明との指摘も出ている。

 「国連制裁の期限満了によって開かれるすべての可能性はしかるべく考慮され、両国民の利益となるように利用されるだろう」。露外務省のザハロワ情報局長は15日の記者会見で、制裁満了に伴うイランとの軍事技術協力の展望についてそう指摘した。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです