メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」 公式図録販売中

「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」の公式図録

[PR]

 <毎日新聞社からのお知らせ>

 毎日新聞社などの主催で全国5会場を巡回した「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」の公式図録を販売中です。

 産業革命期に英国随一の海港都市として栄えたグラスゴー出身の海運王、ウィリアム・バレル(1861~1958年)。彼は、古今東西の美術工芸品など数千点におよぶコレクションを築きました。44年にグラスゴー市に寄贈され、美術館「バレル・コレクション」が誕生しました。

 本展では、ドガの名作「リハーサル」をはじめバレルが収集した良質のフランス絵画を中心に、スコットランドやオランダ人画家の作品をあわせた絵画73点を展観。同市のケルビングローブ美術博物館所蔵のルノワールやゴッホの絵画7点も紹介しました。長く、本国でしか見ることのできなかったバレル・コレクションの奇跡の来日が実現しました。

 公式図録は、B5変型横長、200ページ。図録表紙のロゴは特別感のある箔(はく)押し加工を施しています。1冊2200円(税込み)、送料は別途必要です。詳しくは販売サイト「まいにち書房」(https://www.mainichi.store/)をご覧ください。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  5. 「余命2年」 30歳ライフガードの男性が生前葬を開くことにした理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです