メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生100年クラブ

マネー編 共働き時代の保険選び 今もはびこる「夫の保障手厚く」

 <くらしナビ ライフスタイル>

 共働きの夫婦はそれぞれに収入があるため、保険への加入を考える場合、どちらが加入するか、どんな保険を選べばいいかという選択肢が、片働きに比べて大きい。共働き時代の保険選びを考えてみよう。

 ●専業主婦モデルに

 日本では、保険といえば生命保険をイメージしやすい。スイスの再保険大手スイス・リーによると、日本は、2018年の生命保険の年間保険料が36・9兆円と米国に次ぐ世界2位の「生保大国」。生命保険文化センターの18年度調査によると、生命保険の世帯加入率(共済含む)は89%で、10世帯に9世帯はなんらかの生命保険に入っている。

 生命保険の死亡保障は、家計を支える働き手が万一亡くなったとき、残された家族の生活を支えるのが大きな目的だ。日本は高度成長期に都市部への移住と核家族化が進んだ。隣近所や親族らの助け合いに頼れなくなり、「夫=サラリーマン、妻=専業主婦」の役割分担ができ、一家の大黒柱である夫が亡くなった場合に備え、高額な死亡保障の保険ニーズが高まったという経緯がある。ただし「収入減のリスクに備える」という死亡保障の目…

この記事は有料記事です。

残り1605文字(全文2084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです