メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
さあこれからだ

/176 バリデーションを念頭に=鎌田實

 内科外来で、最近感じていることが三つある。一つはフレイルという虚弱の人が増えだしたこと。新型コロナウイルス感染防止のために自粛を厳格に守りすぎていることによって、活動量が減り、筋肉が少し減り、立ち上がるときにバランスを崩すことが多くなっている。

 二つめは認知機能が低下している人が目立っている。このまま放っておくと、数年後に認知症が心配されるような人が出だす。人と接すること、頭を使うこと、体を使うことが必要である。

 三つめはコロナ疲れ。コロナうつという人もいるが、実際はうつ病ではない。だけど、心がかなり疲れてきている。やはり外へ出て、いい空気を吸ったり、たまにはおいしいものを食べたりすることが大事だ。3密(密閉・密集・密接)をしっかり避け、換気のいいところの食事ならば、それほど心配なわけではない。

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです