メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さあこれからだ

/176 バリデーションを念頭に=鎌田實

 内科外来で、最近感じていることが三つある。一つはフレイルという虚弱の人が増えだしたこと。新型コロナウイルス感染防止のために自粛を厳格に守りすぎていることによって、活動量が減り、筋肉が少し減り、立ち上がるときにバランスを崩すことが多くなっている。

 二つめは認知機能が低下している人が目立っている。このまま放っておくと、数年後に認知症が心配されるような人が出だす。人と接すること、頭を使うこと、体を使うことが必要である。

 三つめはコロナ疲れ。コロナうつという人もいるが、実際はうつ病ではない。だけど、心がかなり疲れてきている。やはり外へ出て、いい空気を吸ったり、たまにはおいしいものを食べたりすることが大事だ。3密(密閉・密集・密接)をしっかり避け、換気のいいところの食事ならば、それほど心配なわけではない。

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  4. 近大生一気飲み死亡、学生など9人を略式起訴へ 刑事責任問うのは異例

  5. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです