連載

さあこれからだ

医師で作家の鎌田實さんが世界各地で出会った人々とのエピソードから、温かく力強いメッセージを届けます。

連載一覧

さあこれからだ

/176 バリデーションを念頭に=鎌田實

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 内科外来で、最近感じていることが三つある。一つはフレイルという虚弱の人が増えだしたこと。新型コロナウイルス感染防止のために自粛を厳格に守りすぎていることによって、活動量が減り、筋肉が少し減り、立ち上がるときにバランスを崩すことが多くなっている。

 二つめは認知機能が低下している人が目立っている。このまま放っておくと、数年後に認知症が心配されるような人が出だす。人と接すること、頭を使うこと、体を使うことが必要である。

 三つめはコロナ疲れ。コロナうつという人もいるが、実際はうつ病ではない。だけど、心がかなり疲れてきている。やはり外へ出て、いい空気を吸ったり、たまにはおいしいものを食べたりすることが大事だ。3密(密閉・密集・密接)をしっかり避け、換気のいいところの食事ならば、それほど心配なわけではない。

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1758文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集