メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の森

コロナ機に過剰業務、再考を 教育現場の窮状、小学校校長が発信

「『コロナ禍』を機に学校が担うべき業務を考え直す必要がある」と語る住田昌治校長=横浜市南区で

 <kyoiku no mori>

 「コロナ禍」で教員の多忙に拍車がかかっている。今年8月に文部科学省で記者会見して教育現場の窮状を訴えた横浜市立日枝小学校校長の住田昌治さん(62)に、改めて現状や「ポストコロナ期」の学校のあり方について聞いた。【大久保昂】

 ――現役の校長が記者会見したことには驚きの声もありました。どういう経緯で会見することに?

 ◆普段から講演会や研修、フェイスブックなどを通じて全国の先生と交流しているのですが、6月に学校が本格的に再開された後、「これ以上頑張れない」「もう限界だ」といった深刻な声を聞くようになりました。「このままでは学校が危ない」と思いました。学校再開後の教員の勤務実態を調べていたNPO法人「教育改革2020『共育の杜(もり)』」の藤川伸治理事長に相談したら、「一緒に会見をして緊急提言を出しましょう」と…

この記事は有料記事です。

残り1763文字(全文2137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです