メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー J1 浦和6-0仙台 興梠154点 歴代4位タイ

【浦和-仙台】後半、ヘディングで自身2点目のゴールを決める浦和・興梠(右)=埼玉スタジアムで

 (第23節・18日)

 <浦和6-0仙台>

 14日にJ1歴代5位タイの通算152得点を記録したばかりの浦和のFW興梠が、お得意様の仙台から2得点。J1歴代4位タイの通算154得点に乗せた。

 まずは尊敬する鹿島時代の同僚・マルキーニョスを超えた。2―0の前半39分、MF汰木(ゆるき)のスルーパスに抜け出すと、ペナルティーエリア内で相手GKに倒されてPKを獲得。短い助走からゴール右隅に冷静に決めた。次は後半6分、J3岐阜の前田遼一がFC東京時代に記録した154得点に並ぶ。左サイドからの汰木のクロスに頭で合わせ、相手GKの右手をはじいてゴールに突き刺した。浦和移籍後、仙台戦は16試合で18得点と「仙台キラー」ぶりを見せた。だが、34歳のエースは「自分として…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  3. 石破氏が派閥会長辞任の意向 22日にも表明 総裁選敗北の責任取り

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです