メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子駅伝 実業団対抗予選会 「独走」積水化学、本戦へ

3区で区間記録を1分以上縮める快走を見せた積水化学の新谷仁美=福岡県福津市で2020年10月18日、徳野仁子撮影

 第40回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝、11月22日・宮城)の第6回予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、RKB毎日放送共催、福岡県宗像市・福津市など後援)は18日、宗像市の宗像ユリックスを発着点とする6区間42・195キロのコースに28チームが出場して行われ、積水化学が2時間17分3秒で優勝した。ヤマダホールディングスが2位、大塚製薬が3位。上位14チームが全日本大会の出場権を獲得した。

 全日本大会優勝2回の第一生命グループは15位で、連続出場が21年で途切れた。京セラは途中棄権。全日本大会は前回8位以内のシードチームを含む22チームで争われる。

この記事は有料記事です。

残り3198文字(全文3509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  3. 石破氏が派閥会長辞任の意向 22日にも表明 総裁選敗北の責任取り

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです