メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡辺名人が就位 「大きな転換期」

名人就位式で推戴状を手にする渡辺明名人=東京都文京区のホテル椿山荘東京で2020年10月18日午後6時17分、幾島健太郎撮影

 第78期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)で初めて名人の座に就いた渡辺明名人(36)の就位式(藤田観光協力)が18日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で開かれ、新名人の誕生を祝った。

 新型コロナウイルス感染拡大のため、今期の七番勝負は例年より約2カ月遅い開幕に。A級順位戦で全勝し挑戦者となった渡辺名人は、名人だった豊島将之竜王(30)に第3局まで1勝2敗…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  5. 外国人苦学生 「進学のため」働き過ぎで失った在留資格 ベトナム人留学生、日本の生活に疲れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです