メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

「あのコの夢を見たんです。」の世界 原作の妄想っぷりに企画力で応え

30日放送の「あのコの夢を見たんです。」第5話の一場面。会社員の山里(仲野太賀)はある日、「パチン!」と風船ガムを割る不思議な女性・櫻子(大原櫻子)と出逢う=テレビ東京提供

 <影山貴彦のテレビ燦々(さんさん)>

 空想には宇宙的広がりがある、というと少々大げさか。しばしの時間、現実から離れ思いを巡らせることで、心の安らぎを得ている人は意外といるのではないだろうか。実は私もその一人なのだが、その中身が非現実的であればあるほど、楽しみが増す気がする。

 「あのコの夢を見たんです。」(テレビ大阪系)が面白い。南海キャンディーズの山里亮太が、実際の人気女優やアイドルたちからイメージを膨らませて書いた短編小説集が原作のドラマだ。山里の着眼点の鋭さには尊敬の念さえ抱く。それにしてもここ数年、テレビ東京制作のドラマは、絶妙なすき間をついて私たちを楽しませてくれる企画力が見事だ。「…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 東京で新たに1592人の感染確認 日曜日では過去最多

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです