特集

日米地位協定

在日米軍に対する特別待遇を定め、さまざまな問題を生む元凶ともされる日米地位協定。見直しを求める声が広がっています。

特集一覧

地位協定60年 広島・北広島 米軍やんちゃ、降る不安 訓練空域、山あい震わす低空飛行

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「いつもこの空を低く通っていく」。飛来する米軍機の恐怖を語る高木茂さん=広島県北広島町で2020年8月、黒川晋史撮影
「いつもこの空を低く通っていく」。飛来する米軍機の恐怖を語る高木茂さん=広島県北広島町で2020年8月、黒川晋史撮影

 広島県北広島町で地上を攻撃目標に見立てたかのような米軍機の異常な低空飛行がたびたび目撃され、町民から「戦闘訓練をしているのでは」と不安の声があがっている。上空に米軍が訓練に使う空域があり、2018年3月には隣県の米軍岩国基地(山口県岩国市)に空母艦載機の移転が完了した。人口約2万人の静かな山間部にある町は騒音と墜落の恐怖にさいなまれている。

 北広島町の上空には広島、島根両県にまたがる自衛隊の空域があり、米軍が「エリア567」と呼んで訓練に使う運用が続く。広島県は全国的にも米軍機の低空飛行が際立ち、16年度に1227件だった目撃情報は米軍厚木基地(神奈川県大和市など)から空母艦載機が岩国に移転した後の18年度に約1・5倍の1843件となった。このうち多くを占めるのが北広島町で16年度は909件、18年度は1325件に上っていた。

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1533文字)

【日米地位協定】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集