メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ禍で外交様変わり 首相、出国前にPCR検査か 同行記者はさらに厳しく

ベトナムとインドネシアを訪問するため政府専用機で羽田空港を出発する菅義偉首相(左)と妻真理子氏=2020年10月18日午後2時17分、喜屋武真之介撮影

 菅義偉首相は18日夜、政府専用機でベトナム・ハノイに到着した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、首相の外国訪問は1月中旬に安倍晋三前首相が中東を訪れて以降で初となるが、首脳外交のあり方は様変わりしている。首相には一部特例が認められるが、認められない日本からの同行記者団には新たな外交の形が早速波及した。

 菅首相は19日にベトナムでグエン・スアン・フック首相と会談。20日にはインドネシアでジョコ大統領と会談し、21日に帰国する予定だ。

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです