メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

確定申告などの押印廃止検討 加藤官房長官「21年度税制改正プロセスで」

財務省=東京都千代田区で2016年6月7日、井出晋平撮影

 加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、確定申告など国税関係の手続きの際に必要な押印について、原則廃止する検討に入ったと明らかにした。菅義偉首相が推進する行政手続きのオンライン化の一環で、2021年度の税制改正で具体的に検討する。

 確定申告など国税に関する税務手続きで提出する書類については、国税通則法で押印が義務…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  3. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

  4. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

  5. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです