メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関連特許数世界一「技術力では海外勢上回る」 東芝、量子暗号通信を事業化へ

東芝=東京都港区で、内藤絵美撮影

 東芝は、理論上第三者による解読が不可能とされる次世代の暗号技術「量子暗号通信」のサービスを、2020年度内に国内で開始する。日本企業では初の事業化といい、30年度に世界シェア約25%の獲得を目指す。

 総務省所管の国立研究開発法人・情報通信研究機構(NICT)から実証事業を受注しており、21年1~3月期にシステムを納入する。複数の政府機関を専用回線で結び機密データのやりとりなどを行う。25年度までには、国内外で既存の光ファイバーケーブルを使うサービスも始める予定。

 量子暗号通信は、量子力学の原理を利用した通信技術。光の粒子である「光子」に暗号化したデータを復元するための「鍵」を乗せて送受信する。不正に読み取ろうとすると光子の状態が変化してしまうため、情報漏えいが防げるという。

 量子暗号通信が注目されるのは、米グーグル…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

  3. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  4. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 乳がん検診停止、不安 英医療逼迫、98万人受けられず

  5. 神戸大、新型コロナ抗体薬研究へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです